passiv ZEROについて

日本の住宅断熱における第一人者「西方里見」

パッシブデザインは、5 つの要素があり、それらをバランスよく住宅に表現することです。

そして、パッシブデザインを採用したpassiv ZEROは、住宅そのものの性能がよく、太陽や風などの自然の力を使うことも、一般の方にも受け入れやすい考え方です。

パッシブハウスが生まれたドイツの冬は、日照時間が短く、氷点下の気温が続く…そういった気候や風土での考え方ですから、その考えを日本の住宅に取り入れるために、日本の太陽や風、空気の流れを上手く活用します。

日本には、四季があり、北は北海道、関東、そして、南には沖縄があり、温度や湿度、風の違いなど、地域に合わせた考え方を持つことが大切です。

これからの住まいは、機械やエネルギーに頼るのではなく、自然や四季とともに暮らすということが日本的な住まい方だと考えています。

OKUTA サスティナブル建築研究室では、数十人のスタッフが参加し、北欧やドイツの技術を自分たちの考え方や知識など、様々なディスカッションを通じて、関東地方や各地域にあった「パッシブデザイン」の住まいとして再構築しています。

株式会社OKUTA サスティナブル建築研究室技術顧問
西方里見

代表よりメッセージ

私たちは「LOHASな家作り」をめざし、常にお客様の立場に立って、環境・健康・安全・快適さ・デザイン性などを考慮した設計を心がけています。そのご家族ごとのスタイル、それはこの世でたった一つのこだわりのお家作りです。

光熱費ゼロを目指す世界水準の住宅性能と「パッシブデザイン」の概念を取り入れた新しいお家passiv ZEROの考え方は、エアコンや原子力発電などのアクティブなエネルギーに頼る生活から、太陽・光・風・土・水など自然の力を利用することで、可能な限りエネルギーに頼らない生活を実現します。そしてそれは、ご家族みなさんに健康で心豊かな人生を送っていただく私たちからのご提案です。

さらに、自社内に「OKUTAサスティナブル建築研究室」を設け、構造や断熱性など住宅性能に対してさらなる技術とより専門的な知識を深く究めて、お客様のお家づくりをサポートしています。

スタッフとのゆったりとしたお打合せ、そのワクワクする時間もまた大切なプロセスですね。こんな私たちに、皆様のお家作りのお手伝いをさせてください。

株式会社OKUTA 代表取締役社長
山本拓己

事業部長 梅村より「家族が幸せになれる家、一緒に創りましょう」

私がリフォーム専業のオクタの中で、新築の事業をやろうと決意した理由は、自分の家を建てた事がキッカケでした。

元々うちの奥さんはアトピーだったのですが、当時賃貸の新築テラスハウスに引っ越したばかりで、その頃から症状は一層ひどく、毎日血が出るまで掻き毟ってしまい、夜もなかなか寝付けないような状況でした。

3歳の娘にも同じ症状が出ており、何とか治してあげたいという思いから、色々調べてみると、シックハウスが原因なのではないかという結論に達したのでした。

自分は住宅業界にいるのに情けない、家族が安心して住める家を用意してあげる事も出来ないのかと自責の念に駆られ、自分で家を建てなければいけないとの思いで、新築することを決意しました。

最初は有害な化学物質を使わなければ良いのだと簡単に思い、自然素材をふんだんに使う事だけを考えていたのですが、始めてみると、土地の事、地盤補強の事、地震の事、断熱の事、お風呂やキッチンの事など、決めなくてはいけないことが山のようにあり、13年間住宅業界に携ってきた自信など一瞬で木端微塵です。

とても自分の知識だけでは良い家を建てる事が出来ないんだと悟り、色々な方に協力をお願いし、工法、建材、商品など数えきれないくらい比較検討し、一つ一つ真剣に考えて選定していきました。

しかしその量は膨大で、とても全てにおいて完璧な選択は出来ず、中途半端な知識で決めてしまった物もあり、点数を付けると80点です。

74歳までかかって、命を担保とし建てた家なのに、とても悔しく、今さらながら後悔が残る家創りとなってしまいました。

土地の選定などにも時間をあまりかけられず、日当たりなどを多少犠牲にして駅や学校、会社に近いなどの理由で選んでしまった事は今でもとても後悔しています。

また収納など有れば良いというものでもありません、作った場所により全く使わない収納が有るかと思えば、一杯で入りきれない収納もあり、やはり何処にどんな物をどの位しまうかという事を具体的に考えて作った収納でなければ利用価値が無くなってしまう事を日々、しみじみと感じて生活しております。

もちろん良かった点もたくさんあります! 特に寒がりの奥さんの為に、断熱にはトコトンこだわりました。

セルロースファイバーという新聞紙を綿状にした100%リサイクルの断熱材をたっぷり2トン以上入れましたし、サッシもトリプルガラスのスウェーデンサッシにしたおかげでほとんど暖房無しで暖かくすごせています。 引っ越してから奥さんの口癖は「うちは暖かくて良いね」で、いつも友達の家に行った後やお出かけの帰りには幸せそうな顔をしています。

まだ完治はしていませんが、もちろんアトピーの症状もだいぶ良くなってきていて、かゆくてイライラすることもなくなり、とても平和に暮らしています。

けして、昔住んでいたテラスハウスの悪口を言いたいのではないのですが、見た目で比べると同じように見えてもその住まい心地には雲泥の差が有り、その差が家族の幸せに直結しているんだという事を実体験することが出来ました。

こんな経験から、家族が安心して住んでいける家を、真剣に作り、提供していく事を使命とし、お客様には絶対に後悔させない、120点の家創りをして頂きたいとの思いで日々取り組んでいます。

今、家を考えているのであれば、一度私の話しを聞いてみて下さい、きっと私の経験がお役にたてると思います。

株式会社OKUTA 新築事業部 部長
梅村 洋一